生活と育児の日記です。
by mamakulo
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
タグ
記事ランキング
カテゴリ
最新の記事
あぶたま弁
at 2017-01-25 00:00
ナッツのはちみつ漬け
at 2017-01-23 22:43
ホシノ酵母で角食
at 2017-01-16 09:16
さばサンド
at 2017-01-14 00:00
漬けて保存で油淋鶏
at 2017-01-13 00:00
フォロー中のブログ
外部リンク
その他のジャンル
ブログジャンル
画像一覧

ホシノ天然酵母でトマトパン (トマト缶汁使用)

トマト缶を3缶開けてトマトソースを作ったはいいものの
残った缶汁の多いこと…。

ということでパン生地の中にこっそり入れてみました。

e0201169_494581.jpg


出来上がったパンがいつもと色が違うので子どもたちは
「今日は何パン~?」と目がキラキラ。
トマトパンだよ~、と答えると
レーズンやチョコチップが入ったものを期待していた子どもたちはがっかりしていました。


ベースのレシピはいつものロールパンから。
でもトマト味ならこんな感じかな、と材料は適当にアレンジ。

食べてみた印象は普通です。
また作ってもいいな、と思えるのでマルでしょう。

しいていえば上にチーズを乗せるといい気がするのですが
思い当たるチーズが浮かびません。
生地の中に何かプラスするなら胡椒かな…?
みじん切りにしたドライトマトを入れても面白いかも…です。
あれこれ生地の中に副材料を入れるよりは
具を鋏んで食べるとおいしいタイプのパンです。

でも子どもたちはピーナッツバターを塗って食べています。(泣)

レシピは別ブログにUPしてます。
よろしかったらご覧ください。


《オマケ》

我が家のオーブンの笑い話です、いや愚痴?(笑)
こんな事件も忘れてしまいそうなほど記憶の引き出しが小さくなってきたので
思い出かたがたUPします。 その程度なのでスルーして下さい。

我が家のオーブン、使うと必ず警報機がなる日々が続き、
修理の人がガスの元栓を開閉するだけでチェック終了!の日々。
挙句にプロパンガスがないから新しいものに換えましょうということが重なり、
プロパンは2ヶ月は軽く保つのにこのユル~イ対応。
いくらユル~いお国柄といえ、それはないでしょうと
アパートのマネジメントの人にお話ししたら
オーブンを丸ごと換えていきました。

それでも警報機は相変わらず鳴るので再び問い合わせ
アパートのメンテナンス対応の方と修理の人に来ていただいてチェック。
しかし不具合は認められなかったようで
「警報機はセンシティブなものだから云々」
「でも私はプレヒーティングしてるだけなのに云々」のやり取りを繰り返し
埒があかないので実際にオーブンを使ってみることに。
使うと早速オーブン横に収納されているプロパンガスが臭い…。
「ほら臭うでしょう」と尋ねると
「…。」
このやりとりの間、修理の人はプロパンガスに耳を当てて音を聞いたりとか
いままで来てくれた人の中では一番頑張ってくれました、ホントに。

結局翌日「箱を換えるから」と。
何の箱~?と思いながら翌日、換えていったのは


警報感知機


臭うのはこのままでいいわけ…?
という大きな疑問を残しつつ。


新しいオーブンはハイカロリー。
180度で設定しても250度くらいにポーンと温度が上がるようになってしまいました。
そういえば警報機が鳴り出す前はこんな感じだったっけ。

○megのガスオーブン、いろいろあったけど
やっぱりソリが合わないわ…。


ご覧いただきありがとうございます。
「子育てスタイル」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。



[PR]
by mamakulo | 2011-01-29 04:08 | お料理:パン

ホシノ天然酵母でヴィエノワーズ

以前よく買っていたヴィエノワーズ。
細長い形に細かく入ったクープ、硬いバゲットばかり食べていたときは
砂漠のオアシスのような存在でした、本当に。

久しぶりに食べてみたくなって作ってみました。
これは2度目挑戦のヴィエノワーズ。

e0201169_1218833.jpg


テーブルに並べたらあっという間に子どもたちの手が伸びていますが。

配合はこの本を基にしています。

ホシノ天然酵母の焼きたてパンLESSON―からだがよろこぶたのしさとおいしさ (白夜ムック―白夜書房のレシピBOOK (No.170))

深本 恭正 / 白夜書房



クープは深さ1センチくらいは入っていると思います。
画像ではわかりにくいですが綴じ目をしっかりつけなかった部分があり
その部分が焼成時に伸びてしまい、出来上がりがヘビのようにうねうねしてしまったものも。
子どもたちに「ヘビみたい~」と指摘されてしまいました。

初めて作ったときに物足りなかったので水分を全部牛乳に変えています。
でもそこまで変えなくてもよかったかも。

二次発酵後に天板に移しかえるときの乗せ板には
幅30センチのサランラップなどの箱を使ってみました。
軽いし、ボックス型になっているので紙でも反らないので
長さ30センチ未満のスリムなヴィエノワーズには便利だと思います。


ご覧いただきありがとうございます。
「子育てスタイル」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。



[PR]
by mamakulo | 2011-01-11 12:37 | お料理:パン

ホシノ酵母スコーン

イーストの量少なめスコーンを作りましたが胃が重くなってしまう出来で…
それならばと酵母スコーンを作ってみました。

e0201169_224784.jpg


切り口がムガーっと開いていないけれど、味はまあまあ?
でも成型時にもっと低くしていた方が火の通りが早かったかも。

スコーンはベーキングパウダーを使ったレシピで気に入ったものがあったけれど
あれを酵母でやってみたらどうだろう。
単純な置き換えでイケるかな?


ご覧いただきありがとうございます。
「子育てスタイル」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。



[PR]
by mamakulo | 2011-01-03 22:15 | お料理:パン

少しのイーストでつくるベーグル

高橋雅子さんの少しのイーストでつくるパンシリーズの
「ゆっくり発酵ベーグル」を参考にベーグルを作りました。


e0201169_22335076.jpg



高橋雅子さんはシニフィアン・シニフィエの志賀勝栄氏のもとでも
パン作りを学ばれたようです。
今回参考にした本を見てもパンを作りながらデータを蓄積して
理想のパンを作り上げた過程が想像できます。

そのノウハウを惜しげもなく本の中でも紹介している訳ですが
本を読みながら作るのはまるでパン教室へ通っているよう。
「お手本」からブレなく作れるような気がしましたが、いかがでしょう?


ほんの少しのイーストで作るパンは
冷蔵保存を組み合わせることによってパンを完成させる時間を
ふつうのイーストで作るよりもゆっくりと
天然酵母を使うよりもスピーディーに作ることができて私に合っている気がしました。


…が、


それに気づいたのは、天然酵母を2キロも買ってしまったあと。
頑張れ、私~。



ご覧いただきありがとうございます。
「子育てスタイル」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。



[PR]
by mamakulo | 2010-12-05 22:52 | お料理:パン

ホシノビール酵母でカイザーゼンメル

この春から週に2,3度ペースでパンを作っていました。
それもほぼ9割がロールパン。
気に入った配合も見つかり、
自分でも他のパンが食べたくもなってきたし、
いつも同じパンしかつくらないので家族にも不評になり…

という訳で
買ってから一度も使っていなかった
ゼンメル型に活躍してもらうことになりました。


e0201169_342035.jpg



私のオリジナル配合にしては初挑戦でいきなり好評。
成型したパン生地の上に卵白を塗り白ゴマをまぶしてあります。
そのゴマの香ばしいこと!
冷凍庫の常備品となっている卵白も消費できるのも有難い。

けれど一つ難なのが
焼きたてが一番美味しいということ。
冷めて時間が経ってしまうと急激に味が落ちてしまうのです。

パターや卵といった副材料でごまかせないせいでしょうか。
でも冷蔵発酵をうまく組み合わせて
朝、焼きたてのカイザーゼンメルを食べてもらえるよう
時間を組みたいと思っています。


配合も工夫していきたいと思っていますが
備忘を兼ねて別ブログにレシピをUPする予定です。



ご覧いただきありがとうございます。
「子育てスタイル」のランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります。



[PR]
by mamakulo | 2010-10-01 09:00 | お料理:パン